買い物籠を見る

ホームだし・鯉甘煮・ぺそら漬(山形の郷土料理) > 身欠きにしん(上乾)500g 無添加

だし・鯉甘煮・ぺそら漬(山形の郷土料理)

身欠きにしん(上乾)500g 無添加

写真1

【戻し方】
かぶるくらいの米のとぎ汁または米ぬかを加えた水に一晩つけて戻す。
できれば2〜3日つけておくと、ふっくらと柔らかくなる。(ただし、毎日、新しいとぎ汁(または米ぬかを加えた水)に変える。)

ぬかを洗い落とし、ウロコがあれば取り除いてから日本茶で煮る。なべに湯と日本茶葉を入れて煮立て(湯カップ5に対し、茶葉大さじ1の割合)、こして葉を除いてからにしんを加え、弱火で30分ほど煮る。

これで、にしんの臭みが抜ける。

【調理方法】四人分
1. 身欠きにしん(本干し)4本は長さを半分に切り、米のとぎ汁(または米ぬかを加えた水)につけて一晩以上おいて柔らかく戻す。

2. にしんを水で洗ってぬかを落とし、ウロコを取り除き、煮出してこした日本茶で30分間下ゆでし、脂を抜く。

3. なべに水カップ2、酒・砂糖各大さじ2、しょうゆ大さじ2 1/2、酢小さじ1を合わせ入れ、2を水けをきって加えて弱火にかける。

4. 3を煮汁がトロリとするまで20〜30分間煮る。
※途中、いったん火を止めて味を含ませ、再び火にかけて煮ると、味がよくしみ込み、おいしく仕上がる。

5. 4を煮汁につけたまま冷まし、味を含ませる。

筍の時期はたけのこと、山菜の時期は山菜と一緒にいためるなどしてお召し上がりください。

  • メーカー:
  • 内容量:身欠きにしん(上乾)500g
  • 温度帯:冷凍
  • 賞味期限:
  • 原材料:
  • 受付期間:通年

2,000円(送料・税込)